« 黄金の絆 | トップページ | 雲の富士山 »

2008年9月 9日 (火)

やさしい声たち

今日は主人とあかちゃんと、三人でお買い物に。

080909

駅ビルや百貨店の授乳室を利用して、
あかちゃんの様子を見ながら、休み休みの移動になります。

授乳室は、どこも混雑していました。


「あら、もうおなかいっぱいなの?
 どうしたのかしら?」

「なんか嫌がってるのかな?
 このお洋服がさらさらしてて嫌なのかな?
 いっつもお母さん裸だもんねえ」

「ほら、飲んで。飲んで-。
 あれ? 飲みたくないのかな?」


と、授乳室からは、
お母さんたちのささやき声が聞こえてきます。

ちいさなあかちゃんたちは、まだ喋れないので、
お母さんたちが一方的に話しかけるだけなのですが、
それがとってもやさしい声なのです。

まだ自分の心を伝えるすべを持たない、あかちゃんの気持ちを、
どのおかあさんも一生懸命、感じ取ろうとしています。

写真は、買い物途中に立ち寄ったカフェです。
店員さんが店内にあるおもちゃやを指して、
「ご自由に使って下さいね」と言って下さいました。

今日は気持ちがあったかくなる日でした。

|

« 黄金の絆 | トップページ | 雲の富士山 »