« ショックなセリフ | トップページ | 望みひとつ »

2006年12月 1日 (金)

おすまし

親戚からいただいた、綺麗なおすまし。
お花が浮いてるんですよ。わかります?


20061201


近々、友人グループとごはんを食べることになった。
はじめてお目にかかる方も多くて、
私にとっては、どきどきのお披露目会だ。

どんだけお洒落して行けばいいのかわからず、
ここ数日、手持ちの洋服と綿密な打ち合わせ。

これは派手過ぎる。こっちは色っぽ過ぎる。
これは……。これはどこの戦場へ行く、装備ですか?

たまに見たこともないようなものがあってぎょっとする。
職場で舐められないようにと、
バトルエレガンシーをテーマにしていたので、
攻撃的な服が紛れているのだ。

だめだ。どれもいまいちだ。
これは致し方ない。買おう。と、お店めぐり。

絶対お似合いですよ〜と店員さんの勧めで、ワンピースを試着。


「全然、似合わないじゃん!」


正直、ここまで似合わないものはじめて見た。
汗出てくるくらい、びびった。
店員さんに謝って、逃げるように店を出る。
なんという敗北感。

結局いつものお店で、着回せそうなニットを購入。
友人に服買ったよーと報告すると、


「えー?
 あんた、今着てる、それめちゃ可愛いじゃない。
 それにしなよ」

「普段着じゃん! しかも、汗だくだよ!」


洗たく機を回しながら考える。
今日干せば、この服、明日には乾く。
むー、もしかして、無駄な出費だったのか?

|

« ショックなセリフ | トップページ | 望みひとつ »