« まっさらな翅 | トップページ | たなばたまつり »

2006年8月 3日 (木)

緑色の辛い奴

友人と入ったお店のランチで、
生まれてはじめてグリーンカレーを食べました。
辛い! でも、おいしい!!

辛いものは苦手なので、敬遠してきたのですが、
こんなにもおいしいものだったとは!

というわけで、グリーンカレーの食べ歩きに行ってきました!


一軒目、お目当てはコース料理に入っていたグリーンカレー。
しかし、最初に出たトムヤムクンスープの辛さで撃沈。
口から火が出そう。
唇も3ミリほど分厚くなったような気がする。
おかげで味がわからなかったです。おいしいぽかったのに、無念!

二軒目、こちらは屋台風のとっても素敵なお店です。
しかし、こちらのゲーンキョウワーン(グリーンカレー)は、辛さレベルが最上級。
最上級!?
そんなの、ファイアブレスと、唇3ミリどころじゃすまないんじゃ……?
でも、メニューには、そんな私にうってつけのサービスが書いてありました。


「日本人向けの辛さに調節しますってある!」

「そんなの始めから頼んだら、負けですよ!」


というわけで、なにかに負けないために、ありのままの辛さに挑むことに。

他に、お店のお勧めメニューのもち米を蒸した、
なんとなく猫の挨拶っぽい名前のカオニャオと、辛さ控えめの豚肉の炒め物を頼みました。
こちらが先に来たので、説明書を読みつつ食べてみます。


「もち米は手でこねて食べるんだって。で、タレをつけて……」


と、書かれているようにやってみると。


「痛い」

「え?」

「辛いんじゃなくて、痛い!!」


豚肉に付いているタレが、すっごく辛いのです!
辛さレベルは中くらいのはずなのに!


「毛穴が開きそう!」

「っていうか、なんかもう、チャクラが開きそう!」


そこから先は、言葉は無用の世界でした。
ジャスミンティーでの流し込み作業です。
こんなことでは、辛さ最高レベルのグリーンカレーは絶対無理。

そう思っていたのに、グリーンカレーの方が甘いくらいでした。
辛さの感じ方が違うのかも?
グリーンカレーはとってもおいしかったです!

辛いものって、「食べたぞ!」って気にさせてくれるんですね。
痛いのは嫌だけど、この達成感はいいなあ。

|

« まっさらな翅 | トップページ | たなばたまつり »